MENU

顔のくすみの原因

顔のくすみの原因となるのはどのようなものがあるのでしょうか?

一つはメラニン色素です。 紫外線を浴びることでお肌の防衛機能の一つであるメラニン色素の生成が起こります。 メラニン色素は日焼けやシミ、そばかすなどの下人になるやや茶色がかった色素で、この色素が細胞に溜まることでお肌がくすんで見えてしまいます。

お肌の表面にできる凹凸によっても、お肌はくすんで見えてしまいます。 毛穴の開きやうぶ毛などによって、お肌に凹凸が出来ると、どうしてもお肌には小さな影が沢山できてしまいます。 この影がくすみとなり、お肌を暗く見せてしまうということも起こってしまいます。

お肌が糖化することによってもくすんでしまいます。 この糖化によるくすみはやや黄色っぽくなるという特長があります。 糖質が多い食生活を送っているとこの糖化というものが起こりやすくなります。 糖尿病を患っている方もこの黄色っぽくなるくすみが起こりやすい傾向があります。

冷え性など血液の流れが悪いことでお肌が青っぽくくすむこともあります。 血行を改善させることでこの青っぽいくすみは簡単に改善できます。

乾燥による顔のくすみを解消するには

乾燥肌の人は皮脂量や水分量が少ないために、お肌の表面に古い角質が残り、くすみとなります。 最も大切なことは保湿です。

単に化粧水だけでは保湿にはなりません。 化粧水は液体ですから、お肌の表面に残った水分が蒸発しますので、お肌の内部の水分まで蒸発させ、さらに乾燥させてしまいます。 セラミドやヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンなどの高保湿成分を含んだ化粧品を使う必要があります。

セラミドやコラーゲンなどの潤い成分は、角質細胞を活性化させ、みずみずしく、ふっくらとさせます。 水分が補給されることで、新陳代謝も改善され、明るく、きれいな肌が取り戻せます。 保湿効果の高い美容液やクリームなどを使うことが大切です。

また、洗いすぎないこともポイントです。 汚れをしっかり落とそうと、擦りすぎると刺激になり悪化の原因にもなります。 泡で洗い、手では触れないという気持ちで洗顔してください。

さらに、紫外線を避けることも肝心です。 室内でも紫外線の影響はありますので、外出時だけではなく、家にいるときも、保湿をしてからUV化粧品を使いましょう。

また保湿力の高い美白化粧品を使うのも効果的です。 美白化粧品を使うと肌が乾燥するという感じを受ける方もいますが、それは刺激の強い美白成分が配合されていることが原因のことが多いです。 肌が炎症をおこし肌のバリア機能が失われ、肌内部から水分が蒸発しやすくなります。 ですから低刺激で肌に優しく保湿力の高い美白化粧品がおすすめです。 美白化粧品のおすすめはこちら

メラニン色素による顔のくすみを解消するには

様々な刺激が活性酸素を生み出し、メラノサイト刺激ホルモンが分泌されてメラニンが作られます。 これを改善するためには、生活習慣の改善が基本になります。

メラニンが生成されるとシミの原因となります。 シミを解消するにはメラニンが生成されないように予防し、すでに出来てしまったメラニンを排出することが大切です。 そのようなシミを消すためにおすすめの美白化粧品とはどのようなものでしょうか? シミを消すおすすめ美白コスメ

最も大きな要因となっている紫外線は、できるだけ避けて、いつもUVクリームを塗るなどの対策をします。 喫煙や過度の飲酒、ストレスを減らすようにします。 食事は酵素やビタミンを多く含んだ食材を豊富に摂りましょう。 睡眠も充分に取り、とくに、成長ホルモンの分泌が盛んになる夜10時から午前2時は重要です。

そして、適度な運動を継続的に行います。 これにより、身体の中から改善され、新陳代謝が促進されることにより、お肌も艶やかな張りが取り戻せます。

これと同時に、プラセンタを含んだ化粧品を使います。 プラセンタは、保湿力と新陳代謝を高める作用があります。 新陳代謝が高まることにより、メラニン色素が肌の表面に浮き上がり、余分な角質として剥がれ落ちていきます。

生活習慣を改善することにより、基本となる身体の健康がメラニンを作らない、また、解消する力を付けることにもなりますので、化粧品と合わせて取り組むと効果抜群です。

更新履歴