顔がくすむのは何故

MENU

顔がくすむのは何故?

顔のくすみの原因となるのはどのようなものがあるのでしょうか?
一つはメラニン色素です。
紫外線を浴びることでお肌の防衛機能の一つであるメラニン色素の生成が起こります。
メラニン色素は日焼けやシミ、そばかすなどの下人になるやや茶色がかった色素で、この色素が細胞に溜まることでお肌がくすんで見えてしまいます。
お肌の表面にできる凹凸によっても、お肌はくすんで見えてしまいます。
毛穴の開きやうぶ毛などによって、お肌に凹凸が出来ると、どうしてもお肌には小さな影が沢山できてしまいます。
この影がくすみとなり、お肌を暗く見せてしまうということも起こってしまいます。
お肌が糖化することによってもくすんでしまいます。
この糖化によるくすみはやや黄色っぽくなるという特長があります。
糖質が多い食生活を送っているとこの糖化というものが起こりやすくなります。
糖尿病を患っている方もこの黄色っぽくなるくすみが起こりやすい傾向があります。
冷え性など血液の流れが悪いことでお肌が青っぽくくすむこともあります。
血行を改善させることでこの青っぽいくすみは簡単に改善できます。